また返品された・・・

こんにちは、後田(ウシロダ)です。

 

あなたがAmazonせどりをしているなら、

出品した商品が返品された経験は少なからずあると思います。

 

 

Amazonからのメールで、

============================

Amazon.co.jp – 返金処理開始のお知らせ:

============================

というタイトルのメールを見るたびに、

嫌ーな気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、Amazonせどりを続けていく上で、

【返品】は一定の割合でどうしても起こります。

 

 

返品に新品・中古品は関係ありませんし、

どのジャンルの商品でも発生する可能性はあります。

 

 

返品された商品は、こちらが何もしなくても引き続き出品できるケースもありますが、

【販売不可】になってしまった商品は、何かしらの対応を取る必要があります。

 

 

また、販売不可になってしまった原因も調査して、

今後同じ事が起こらないように注意する必要もあります。

 

 

なので、この記事では誰もが避けては通れない

 

【返品】

 

について、FBA商品が返品されたときの後処理の方法と、

返品に対する考え方について書いていこうと思います。

 

 

この記事を参考に、【返品】というものの

付き合い方を考えるキッカケになればと思います。

 

 

返品されたらまずすべき事

FBA商品が返品されたときは、Amazonから以下のメールが届きます。

====================================

Amazon.co.jp – 返金処理開始のお知らせ:注文番号○○○○

====================================

 

メール本文を確認すると、以下のような文面が記載されているはずです。

 

 

この時、返品された商品名と返金理由が書いてありますが、

『購入者からの返品』に関しては、このままではこれ以上の詳しい理由は分からないため、

必ず詳細な返品理由を確認するようにしましょう。

 

返品レポートで返品理由をチェック!

FBA商品の返品に関しては『返品レポート』でチェックする事ができます。

 

セラーセントラルトップページから、

【レポート】⇒【フルフィルメント】を選択

 

 

画面左下に【返品レポート】があるので、そこをクリック。

レポート期間を選択します。

 

そうすると、返品された商品と返品理由が分かります。

返品理由がリンク化されている(青字+下線になっている)場合は、

そこをクリックすると、購入者が書いた返品理由を見る事ができます。

 

 

このとき、『商品の状態』が【販売可】の場合は、こちらは何もする必要はありません。

そのまま引き続きその商品を出品する事ができます。

 

例えば、

  • 配達できませんでした
  • 住所が不十分か、または正しくありません
  • 拒絶されました
  • 手持ちのアイテムとの互換性がない
  • 間違えて注文した

などの場合は、返品後の商品状態は【販売可】になります。

 

 

ですが、商品状態が【不良品の返品商品】になっている場合は、

そのままAmazonで販売を続ける事はできません。

 

  • 製造上のトラブルまたは不具合がある
  • 性能や品質が良くない
  • 付属品や特典が不足している
  • サイト上の説明と違った

などが、【不良品の返品商品】になります。

 

 

Amazonから返金処理のメールが届いたら、まずはこれを必ず確認しましょう。

 

販売不可ならすぐに返送or破棄

販売可の商品はそのまま引き続き販売可能ですが、

販売不可になった商品はAmazonでは販売できなくなります。

 

 

そのまま置いといても出品できないので売れないし、

放置し続けるとFBA保管手数料もかかります。

 

 

なので、販売不可になった商品は、

返送するか、Amazonで破棄してもらうかを選択しましょう。

 

 

返送or破棄を行う場合は、【FBA在庫管理】から

 

 

販売不可になった商品を選択。

 

 

返送or破棄を選択する画面に移りますので、

どちらかを選択し、返送の場合は返送先住所も入力してください。

 

 

これで返送or破棄の手続きは完了です。

 

どちらも大体10日~2週間程度で処理が完了するはずです。

 

返品原因を考える

さて、返品された商品の処理は済みましたが、このままで終わらせるのではなく、

必ず返品原因を考えて、次回以降に生かすようにしましょう。

 

 

購入者の注文間違いや配達不可などの場合は、こちらではどうすることもできないので、

特に原因や対策を考える必要はありません。

 

 

ですが、販売不可商品になった場合は、大抵何かしらの原因があるはずです。

 

 

  • 製造上のトラブルまたは不具合がある

商品が正常に動作しない場合は、ほぼこの理由になります。

 

新品だとあまり考えられにくいですが、

中古品だと出品チェック時には動作した商品でも、

FBA納品時やFBA保管中、商品出荷中にに故障してしまう可能性はありますし、

 

最初は動いていたけど、しばらくして故障した場合などでも

この理由になる場合があります。

 

 

  • 性能や品質が良くない

動作自体はするが、動きが遅かったり、異音がする。

音が悪い、液晶画面が薄くなっているなどの原因が考えられます。

 

 

  • 付属品や特典が不足している

商品説明文に記載の付属品・特典が不足している。

または、その商品を使うのに必要な付属品が抜けている場合も考えられます。

 

ここで注意が必要なのは、商品説明文に「○○は欠品しています」と記載していても、

欠品が理由で返品してくる人は一定数います。

 

 

  • サイト上の説明と違った

商品説明文に抜けがある可能性があります。

 

新品の場合はあまり気にする必要はありませんが、

中古品だと、ほんの些細なキズや汚れ、匂いを説明文に書いていない、

または出品者と購入者側の認識のズレが原因で返品してくる人もいます。

 

稀に説明文は間違っていなくても、商品のスペックを勘違いした購入者が

この理由で返品してくる可能性はあります。

 

 

 

主に以上のような理由で販売不可になるケースが多いですが、

 

ただし、一つ注意する必要があるのは、これらの返品理由は、

購入者が任意で選択できるため、本当の返品理由と異なる場合があります。

 

 

なので例えば、『製造上のトラブルまたは不具合がある』という理由で

「商品が動作しない」とコメントがあっても、

その商品を返送して動作確認すると、普通に動作する事はありえます。

 

 

そのため、上記の返品理由は参考程度にとどめ、

販売不可になった商品は早々に返送して、あなた自身の目で確認しましょう。

 

 

『販売不可』でも再出品は可能

販売不可になった商品を返送したら、まずは自分の目で商品を確認して、

必要なら動作チェックもしてみましょう。

 

なぜかと言うと、Amazonで販売不可になったからといって、

その商品が二度と販売できないわけではないからです。

 

 

返送した商品を確認して、普通に動作する、問題のない商品なら

再度Amazonに出品する事ができます。

 

 

ただし、新品で出品して返品された商品は、

すでに開封済み&使用済みである場合がほとんどなので、

同じ『コンディション-新品』で出品する事はできません。

 

 

私も過去に返品された中古品で、全く動作しなかった商品は

数えるぐらいしかありませんでした。

 

AmazonFBAで販売した商品は返品も手軽にできてしまうため、

購入者がほんの少しでも不具合を感じ取ったり、

商品が気に入らなければ簡単に返品できてしまうのです。

 

 

なので、『製造上のトラブルまたは不具合がある』という理由で返品されても、

簡単に販売を諦めないで、商品チェック&動作チェックをして、

再度販売できないかを調べるようにしましょう。

 

返品は仕方ないと割り切る

上記にも書いたようにAmazonFBAで販売した商品は

注文履歴から簡単に返品手続きができます。

 

しかも、返品理由は購入者が任意で決める事ができ、

Amazonはそれを詳しく調査しようとしません。

 

 

つまり、購入した商品が気に入らなければ、

適当な理由をつけて返品する事もできますし、

 

一通り使った・遊んだ後に勝手に返品する事もできるのです。

 

 

これが原因で、かなり悪質な購入者もわずかながらにいます。

 

 

正直、出品者側としては納得できるものではありませんが、

Amazon側の姿勢として『購入者第一』を貫いているので、

そのAmazonを利用しているわれわれも、それを守らざるを得ない状況です。

 

 

それが気に入らなかったら、どうぞAmazonから撤退してください、

というスタンスなんでしょうね。

 

 

もちろん、あまりに納得のいかない理由で返品されたら、

Amazonと交渉することで、購入金額を補填してもらえる可能性はあります。

 

ただし、それはあまり期待しないほうが良いです。

 

 

他のせどりブログを見ても、悪質な購入者に対して、

Amazonとのメールのやりとりを載せている方もいますが、

上手く言った例もわずかながらにあれば、

テンプレ回答であしらわれているケースも多いです。

 

 

これは個人的な意見ですが、Amazonせどりをやる以上、

返品はどうしてもつきものですし、仕方ないものと割り切るしかないと思っています。

 

 

こちらに全く否がない返品だと文句も言いたくなりますが、

そのパワーをAmazonにぶつけたとしても、返ってくるお金は購入金額分だけです。

 

 

仮に1,000円の商品が返品されて、その理由が納得いかないものだとして、

その1,000円のためにAmazonとメールのやりとりや、

電話でやり取りをするのは正直不毛ですし、時間の無駄です。

 

 

私も実際に納得のいかない返品に対して、Amazonとメールのやり取りをしましたが、

1回のメールで終わる事はまずなく、何回もメールを送りましたし、

何回メールを送ってもテンプレ回答しか返ってこないことも多々ありました。

 

 

なので、私はもうAmazonには何の期待もしなくなりました。

 

 

それよりかは、起こってしまった事は仕方ないので、

今後同じ事が起こらないように注意して、

より稼ぐために労力とパワーを使ったほうが、

結果的に大きな金額を稼げると思うのです。

 

まとめ

さて、ここまで、Amazonせどりにおける

【返品】についてお話してきました。

 

 

少し上にも書きましたが、Amazonせどりをする上で返品は

仕方ないものと割り切ったほうが良いです。

 

 

もちろん、納得がいかない返品理由もありますし、

悪質な購入者もわずかながらにいます。

 

 

ですが、そこで発生した損失を取り戻すには相当な労力とパワーが必要です。

 

しかも、どれだけ労力とパワーをかけても、必ず損失を取り戻せるとは限りません。

 

 

成果も得られないまま、時間だけ無駄にした事になり、

後に残るのは購入者とAmazonへの不満だけ、という事もあります。

 

 

 

Amazonは『文句があるなら、どうぞAmazonから撤退してください』

というスタンスですし、これまで多くの同業者がAmazonに改善を求めていますが、

これまで大きな改善はほとんどされていません。

 

 

なので、われわれができる事は、Amazonに改善は一切期待しないで、

今あるAmazonのシステム、規約内で全力で稼ぐ方法を模索する事です。

 

 

他人を変える事はできませんが、自分を変える事はできますからね。

 

 

この記事を読まれたあなたも、Amazonの性質を理解した上で、

Amazonせどりで稼げるようになってもらえればと思います。

 

 

ではでは。