Amazon店舗(ストア)名をそのままにしていませんか?

こんにちは、後田です。

 

あなたのAmaozn店舗(ストア)名。

最初に付けたっきり、そのままにしていませんか?

 

始めに考えに考えて店舗名を付けたのなら、

愛着もあるでしょうし、それに拘りたくなるのも分かります。

 

ですが、Amazon店舗名は「あなたのお店の顔」同然で、

これを適当にしたままでは売れる商品も売れなくなってしまいます。

 

とは言っても、

「そんなことは分かっている、でも最初に考えて付けたのだから、

別に無理をして変えなくても良いのでは?」

という考えもあると思います。

 

それは間違っていません。

 

ですが、あなたがボケーっとしている間にも、

ライバルたちは自分の商品を売るために日々努力しています。

 

そしてその中には、お店の顔とも言える、

Amazon店舗(ストア)名も含まれています。

 

店舗名の重要さを分かっているせどらーは、

店舗名の変更も上手く使いこなして売上を伸ばしています。

 

 

なので、ここでは最初に決めた店舗名から、

他の店舗名に変えるタイミングと付け方について解説していきます。

 

あなたも店舗名変更を上手く活用して、

せどりの売上を伸ばしていきましょう!

店舗(ストア)名を変更するタイミング

店舗(ストア)名を変える場合、大前提として覚えて欲しいのは、

核となる部分の名前については変えなくても良い、ということです。

※変えてもOKです

 

例えば、私の場合「オンラインショップ ○○」という店舗名ですが、

この部分は基本変えていません。

 

それにプラスαして、色々と変えていったわけですね。

 

なので、それを前提としてどのように店舗名を変えていけば

良いのかをお話しします。

 

セールを開催したいとき

「ポイント大還元!」

「12月末まで大セール中!」

など、何かしらのセールを打ち出したいときは、

店舗名にセール内容をバシッ!と書いてしまった方が良いです。

 

どの商品でも店舗名の部分は必ず見られるので、

そこにセール内容が書いてあれば、一瞬でお客さんに伝わります。

 

そうすると、「あ、このお店は今セール中でお得なんだな」と

思ってもらうことができ、購入に繋がりやすくなります。

 

お客さんに伝わりやすくするために、

セール内容を店舗名に書く場合は、

必ず名前の頭の部分に書くようにしましょう。

 

専門性を出したいとき

例えば、あなたのお店が何かのジャンルに特化したお店だとしたら、

「オンラインショップ ○○」のような何でも売っています的な店舗名よりも、

 

「中古家電専門店!○○電機」

「音楽機器多数揃っています!○○音楽堂」

という感じで、専門店風な店舗名を付けた方が良いです。

 

別にあなたがそのジャンルの専門家でなくてもいいです。

 

ジャンルが統一されていれば、

・そのジャンルの商品を多く扱っている=そのジャンルに詳しい=専門家

として、お客さんから見られるようになります。

 

これは特に、値段よりも質の高さを重視するお客さんだと、

何でも扱っているお店よりも、専門店の方が売れやすくなります。

 

まぁ、専門店化すると、他のジャンルが取り扱いづらくなるのが

欠点ですが・・・

 

仕入れジャンルが大きく変化したとき

例えば、これまでずっと古本がメインで

「○○ブックス」のような名前にしていたのに、

 

家電や化粧品、食品など、古本とは遠いジャンルの商品も

扱い出すようになると、「○○ブックス」はちょっと変ですよね。

 

お客さんから見れば、本の販売が上手くいかなくて、

色々なジャンルに手を出しているお店と思われかねません。

 

 

なので、幅広いジャンルに手を出すのは悪くありませんが、

「○○ブックス」のように、ある一部のジャンルをイメージさせるような

店舗名を付けている場合は、「ブックス」の部分だけでも

変えるようにしたほうがよいでしょう。

 

例えば、

「○○ショップ」

「オンラインストア ○○」

などでしたら、どのジャンルにも応用できるショップ名ですよね。

 

この辺は他のセラーの店舗名を参考にすると良いでしょう。

 

実績を打ち出したいとき

「Amazon評価500件突破!」

「年間取引数2000件!」

など、Amazonでの販売実績をアピールするお店もありますが、

これも有効な手段です。

 

Amazonは新規の出品者は売れづらいと言われていますが、

買う側の心理としても、理解しているかどうか分からない新規の人よりも、

ある程度の販売経験・実績があるお店の方を信頼してくれます。

 

まぁ、評価数は同じ画面で見れますが、

取引実績や年数は分からないので、

その辺をアピールするのは十分ありでしょう。

 

古物商許可証を取得したとき

古物商許可証を取得すると、

「○○県公安員会 第○○○号」

といった感じで、番号が発行されます。

 

これは正式な方法で取得し、公的機関から許可をもらった証ですので、

文字数に余裕があるなら、そのまま店舗名に載せてしまいましょう。

 

個人せどらーの9割以上は、古物商許可を取らずにせどりをしています。

 

そんな中、あなたはちゃんと警察に許可をもらって運営している

というアピールにもなりますし、モグリでやっているせどらーよりも

信頼できるお店として見られます。

 

ちょっと文字数が多いので、店舗名と合わせると、

他に文字を入れる余裕がなくなってしまうのが難点ですね。

 

緊急を要するとき・一時的に発送を休みたいとき

例えば、あなたが1人でAmazon運営をしていたとして、

突然、事故や病気になり、メールや電話対応するのが難しくなった。

 

自己出品の商品に関しては出品停止にできますが、

FBAの商品は基本そのまま売りっぱなしです。

 

なので、メールでの問い合わせが来る場合もあると思います。

 

そんな時に対応できずに放置していると、

アカウントのパフォーマンスが悪くなってしまい、

最悪アカウント閉鎖の可能性もあります。

 

そういったときに店舗名で対応できない旨を知らせておくと、

多少なりとも抑制にはなります。

 

 

他にも、自己発送がメインだけど、出品停止はしたくない、

でも、特定の期間だけは発送をしたくない、というのであれば、

 

「【8/13〜15は発送をお休みします】オンラインショップ○○」

という感じにすると、出品したままで発送だけ停止することができます。

 

店舗(ストア)名を変更する方法&手順

Amazonセラーセントラルにログインしたら、

 

 

「設定」にカーソルを合わせて、「出品用アカウント情報」をクリックしてください。

 

画面が切り替わりますので、

 

 

今度は左上の「出品者のプロフィール」をクリックしてください。

 

 

「出品者の情報」の「表示名(店舗名)」を

変更したい店舗名にしてOKをすると変更が完了します。

 

文字数制限があるので、そこに収まるように店舗名を付けてください。

※Amazonヘルプには「16文字以内をオススメ」としていますが、

それ以上でも何も問題ありません。

 

店舗名変更後、大体数分〜15分以内には、

新しい店舗名が表示されるようになります。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

 

今回は意外と軽視されがちな「Amazon店舗名」の

変更の重要さについて解説しました。

 

Amazon店舗名が重要なのは多くの人のブログで語られていますが、

変えることの重要性を伝えている人はほとんどいません。

 

私のショップでは「オンラインショプ ○○ (古物商許可番号)」という

店舗名をメインにしていますが、頭の部分を色々と変えたりして、

見込み客の目を惹くようにしています。

 

 

ぶっちゃけて言うと、楽天やYahooショッピングなんかは

店舗そのものが重視されますが、

Amazonでは店舗そのものはさほど重視されません。

 

楽天やYahooショップは「出店型」

つまり、お店を出して、そこに商品を陳列するのに対し、

 

Amazonは「出品型」

商品が先にあって、そこに売りたい人が出品する。

 

このことにより、Amazonは店舗自体はさほど重要ではなく、

Amazon以外の出品者から買った商品の

お店の名前を覚えている人はかなり稀です。

 

なので、あなたがどんな凝った店舗名を付けても

お客さんはそれを覚えてくれることはありません。

 

店舗名が重視されるのは、他のネットモールでも併売している店舗や、

リアルショップでも販売しているお店。

あとはごく一部の超大手Amazon出品者ぐらいでしょう。

 

 

それ以外の個人出品者・小規模出品者は店舗名なんか覚えてもらえないので、

ならいっそのこと、店舗名以外の部分で大きくアピールする方法

考えていきましょう。

 

そのために、今回お伝えした方法は非常に有効です。

 

ぜひ活用してみてください。

 

ではでは