こんにちは 後田 です。

 

前回は

「中古家電せどりは面倒だからライバルが少ない」

というお話でしたが、

 

 

今回はもう一つ大きな理由があるのでそれを説明したいと思います。

 

それは

「仕入れ値が高くなるほどライバルはさらに減る」

と言うことです。

 

中古家電せどりは数千円で仕入れて5千~1万円の利益を出す事は十分に可能です。

ですが、仕入れ値が低いほどライバルは多い傾向にあります。

 

 

これはブックオフなどの中古店舗せどりでも同じ事が言えますよね。

古本 → CD → DVD

右に行くにつれて仕入れ値が上がり、その分ライバルも減ります。

 

 

確かに仕入れ値が安い方が、赤字のリスクに怯えなくてもいいので気が楽ですが、

その分大きな売上を出すには大量に数を捌かなければいけないと言う欠点があります。

 

そうなると、仕入れ~出品までの手間を減らすために

「高単価」

の商品も扱う必要が出てきます。

 

ここでいう「高単価」の商品とは、1点で利益が2~3万円以上取れる商品の事を指します。

 

極論ですが、利益が2万の商品を1日1個売れば月収60万達成できます。

しかも30個しか商品を扱わないので、仕入れ~出品が非常に楽です。

 

しかし、数千円で2万以上の利益を出せる商品はかなり限られています。

ですが、仕入れ値を上げれば上げるほど、利益2万以上の商品が見つかりやすくなります。

 

 

サムネの画像ですが、仕入れ値は送料込みで6万近くします。

 

これが10万くらいで2週間以内に確実に売れると分かっていたらアナタは仕入れますか?

 

 

 

「仕入れ値が高くで仕入れるのが怖い」 ← 一般的な感覚だと思います

「はい、仕入れます」 ← アナタは家電せどりに向いていますのですぐにでも始めましょう

 

 

「はい、仕入れます」と答えた方も、この記事を読んでいる時点では「仕入れる」と考えているかも知れませんが、実際にヤフオクの入札画面までいくと手が止まると思います。

 

私は即、決断して入札しました。

しかも利益2万取れればいいかなと思って、6万数千くらいで入札しましたが結局入札者は自分だけでした。

 

この1商品だけで利益3万円ゲットです。

 

私は他にも仕入れ値が3~5万もする商品を何点も仕入れていて、その際の利益設定を1万5千~2万円以上にしていますが、それでも落札率は仕入れ値が数千円の商品よりも遥かに高いです。

 

この事からも、私は

「仕入れ値が高くなるほどライバルが少ない」

と感じています。

 

 

 

「じゃあ資金に余裕がある人しか中古家電せどりは出来ないのか?」

 

と思われる方もいるでしょう。

もちろん資金が多ければ多いほど有利なのは当たり前ですが、小資金でも○○○を使ったり・高回転を重視した仕入れを行えば資金がガンガン増えていきます。

 

この話を詳しく知りたい方は、近日公開の私のメルマガを楽しみに待ってて下さいね。

 

 

それでは!