こんばんは! K1 です。

 

前回は色んなジャンルを仕入れることについての優位性をお伝えしましたが、

 

今回は別の視点でお話したいと思います。

 

私は本せどりから始めて

CD → DVD → ゲーム

と、ジャンルを増やしていきました。

 

一般的に

本よりはCD、CDよりはDVDの方が1個あたりの利益額が大きくなります

ゲームは利益額的には低いですが、とにかく高回転(早く売れる)のが魅力ですね。

 

勿論、仕入れ金額は

本 → CD → (ゲーム) → DVD

と段階的に高くなります。

 

一応、断っておきますが基本的に中古を扱う場合の話ですので、新品についてはまたの機会にでも。

 

で、CD・DVDせどりの利点ですが

1点あたりの利益額が高いという他に。

 

・本に比べたら圧倒的に扱う商品が少ない(商品を覚えやすい)

・同じ商品を繰り返し販売できる

 

この2つが上げられるのではないかと思います。

 

 

繰り返し売った例として、この商品があります

ureta140716.png

(1週間経たずに売れました)

2,450 ~ 2,950円

4,980 ~ 5,480円

 

これも計10回以上は売った気がします。

初回限定のスリーブケースとブックレットが付いていないと駄目ですよ。

 

この商品、なぜかブックオフでの毎月の価格の変動が大きくて今だと多分3,750円前後だと思います。

さらに少し前までは、初回版と通常版でページが分かれていたのですが、ページが統合されて1つだけになってしまいました。

なので、今はちょっと仕入れるのは無理かも知れません。

 

ここでさらっと出しましたが

「初回版」

「通常版」

の違いは非常に重要です。

 

これは次回にでもお話しします。

 

 

それでは!