こんばんは K1 です。

 

報告会に向けて資料作成中で眠いですが、ちゃんとブログも更新します。

 

前回お話した出品代行の話ですが。

最近出品に時間がかかりすぎるのが嫌になっているので出品代行を使うか、使うならどこの業者を使うかでずーっと悩んでいました。

 

出品代行を使っている人は多いと思うんですが、レビューしている人は意外と少ないですねー

個人ブログやっているような規模のせどらーだとあんまり使う必要が無いのかな?

 

まぁ、結局自分で試してみるのが一番早いと言う事で始めに「せどり風神」で有名な「システムせどり研究所」を使ってみました。

 

それでこの間、初めて1箱52点送ってみました。

本・CD・DVD・ゲーム

中古・新品

セット品

などなど

色んなパターンでいくら追加料金がかかるか試してみました。

 

 

で、結果から言うと52点送って63P消費(1P=120円)

11Pの特殊作業量はすべて「袋詰め」(商品が外れないように)でした。

 

 

思った以上に安くてビックリしてますが、2点ほど疑問が

 

・DVDのセット売り品(全9巻セット)が1Pしか消費されていないこと

 

マニュアルでは本のセット売り品は「本の冊数/2」のポイント消費と書かれているんだが、DVDのセット売りは対象外なのか?!

 

・50枚組のCD-BOXが1P消費だった

 

1枚のCDと50枚組のCDが同じってすげー。

しかもちゃんと「ディスク○○にキズがある」ってコメントに書かれていて、ちゃんと検品しているんだなぁと感心しました。

 

コメントに関しては自分の思っていた以上に、ちゃんと細かい付属品まで書いてくれていました。

ただ状態についてのコメントが若干シビアかなぁという印象はします。

 

「非常に良い」についてはほぼ自分の想像通りのでしたが、「可」についてはやや厳しめに見ているようです。

自分では「可」は付けないだろうという商品でも「可」にされてましたし。

 

 

トータルでみると、かなりいい部類じゃないでしょうか。

つい先日2箱目を送ったので、それが反映されたらまたレビューしたいと思います。

 

 

本日も売れた商品はお休みです。

そして、週末は東京へ報告会に行くのでブログ更新休みます。

 

それでは!