せどりアプリを有効活用して効率的に稼ごう!

こんにちは、後田(ウシロダ)です。

 

Amazonせどりで稼ぐためにはスマホアプリの利用は必須!

 

だけど、

「どのアプリを使えば良いか分からない」

「とりあえず無料のアプリで試してみたい」

と考えている方もいると思います。

 

なので、今回はそんなあなたに、

「無料で使えるおすすめのせどりアプリ」を5つ紹介します。

 

どれも優れたアプリですので、全部導入してしまいましょう!

 

※こちらはiphone編になります。

アンドロイド(android)編はこちら↓↓↓

Amazonせどりにおすすめの無料アプリ5選!(アンドロイド編)

無料で使える便利なせどりアプリ(iphone編)

せどりすと

⇒ 「せどりすと」のページはこちら

 

 

言わずと知れたせどりアプリの大御所ですね。

昔からせどりをしている人なら、

誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

 

有料版の「せどりすとプロ」がありますが、

とりあえず無料版だけでも十分使えます。

 

せどりすとの主な機能ですが、

■連続バーコード読み取り検索
・カメラバーコードリーダー搭載(自動読取)
・Bluetoothバーコードリーダー等によるビームせどり対応
*ISBN13もしくはJANコードの手入力もサポート
■OCR機能
・ISBNの数字を直接読み取り可能
■商品検索機能
・最安価格情報、ランク、カテゴリ
・想定粗利計算(FBA対応)
・おすすめ度判定
・ランク、想定利益、新品有無
・中古価格が定価よりも高値の場合、「お宝」表示
・キーワード検索
・条件設定によるアラート機能(バイブレーション、リスト背景色)
■仕入リスト機能
・仕入れ商品などをブックマーク
■その場で出品機能
・Amazonマーケットプレイス出品ページへダイレクトリンクすることで、即時出品可能。
■せどりリストCSV作成・メール送信機能・アイテムリストフォーマット(独自)
・大量出品用フォーマット
■リスト自動キャッシュ
■Amazon新API対応

以上のようになっています。

 

せどりアプリと聞いて、まず真っ先に思い浮かぶのは

この「せどりすと」だと思います。

 

後発のツールが色々と出てきていますが、

無料の中では使い勝手は未だにピカイチですので、

とりあえず導入しておくと良いでしょう。

 

せどリサーチZ

⇒ 「せどリサーチZ」のページはこちら

 

 

せどリサーチZの主な機能は以下の通りです。

 

【機能一覧】
■バーコードスキャン
・カメラによるバーコードスキャン(単発、連続の両方可能)
・Bluetoothバーコードリーダー等によるバーコードスキャン対応
■コード検索
・ISBN対応
・JAN対応
・UPC対応
・ISBN、JANに関しては短縮コードでの検索可能。
・履歴機能
■キーワード検索
・サジェストによるキーワード入力支援
・キーワード分解
・キーワード修正機能
・プロダクトによる絞込
■Apple Watch対応
・検索結果をシンプルな形式でwatchに表示
・画像の表示非表示切り替え
■商品検索機能
・最安価格、出品者数、定価、ランク、カテゴリ等の基本情報
・モノレート簡易情報
・ASIN,JAN,ISBN,UPC表示
・簡単な操作でモノレート情報表示
■商品詳細情報
・AMAZONの出品者一覧を表示
・モノレートボタン。ワンタップでモノレートへ
・マンガ関数チェックボタン。セット情報確認可能。
・各種iOSアプリ連携。CSV情報を他のiOSアプリに転送可能。
■お気に入り機能
・使い方は様々。仕入れた商品や、個人的にほしい商品を保存したり。
・各種iOSアプリ連携。CSV情報を他のiOSアプリに転送可能。
■画面表示系
・設定で画面表示タイプの変更可能
・設定で背景色の変更可能

 

後発組なだけあって、基本的な機能はすべて揃っていますし、

AppleWatchに対応しているなど、独自の機能も打ち出しています。

 

ただ、1日にスキャンできる回数に制限があるため、

そこがマイナスポイントですね。

 

棚を全頭検査ではなく、ピンポイントで商品を検索するタイプの人で、

1日短時間しか使わないのであれば十分使えるアプリです。

 

Amazonショッピングアプリ

⇒ 「Amazonショッピングアプリ」はこちらから

 

こちらはAmazon公式アプリですが、せどり用にも十分使えます。

 

その中でも一番使えるのはこちらの機能です。

■「スキャン検索」機能
スマホのカメラを使って、商品画像での検索ができます。
手順:3ステップ
1.検索ボックスをタップした後「スキャンして検索」をタップします。
2.探したい手元の商品もしくはバーコードにカメラを向けてスキャンします。
3.スキャン検索をして商品が見つかると、その商品のリンクが表示されます。

 

【使い方】

読み取りたい商品を用意して、アプリを起動。

右上のカメラマークをクリックして、商品全体をカメラに写してください。

 

 

そうすると、このように商品画像全体をスキャンすると、

Amazonで販売されている商品を表示してくれます。

 

バーコードが無い商品でも可能なので、

表紙カバーがない、箱がないなどの理由でバーコードが読めなくても

どの商品かを知ることができます。

 

Amazon公式アプリなので、モノレートやバーコードリーダーに

対応しているわけではありませんが、

「Amazonの価格さえ見られたらそれで十分!」

というのであれば、十分使えるツールではないでしょうか。

 

Amazon Seller

⇒ 「Amazon Seller」アプリはこちらから

 

 

こちらはスマホで使えるAmazonセラー用管理アプリです。

 

主に以下の機能が使えます。

・商品レベルでの売上分析
・売上の推移と増加を確認
・売上チャート確認
・売上の商品別内訳
・価格の見直し
・在庫の補充
・販売推奨機能
・在庫管理
・注文管理
・返品管理
・次回の支払残高を確認
・問い合わせ対応
・メッセージ管理
・フォトスタジオを使った、画像の撮影、編集
・既存商品の新規出品
・Amazon出品サービスの商品カタログに新商品を追加
・出品する商品を検索
・画像検索、テキスト検索、バーコードスキャンなどで商品を検索できます
・出品する商品の現在価格、売上ランキング、競合出品の情報、収益見積り、カスタマーレビューを確認できます。

 

また、このアプリは仕入れにも使えます。

 

商品検索を行っていると、

  • 出品許可が必要な商品
  • FBA出品禁止商品

この2つの商品をその場で教えてくれるため、

出品できない商品を仕入れずに済みます。

 

 

他にも、Amazonショッピングアプリと同じ

「カメラスキャン検索」があるので、

バーコードが無い商品でも即座に読み取って出品が可能です。

 

Amacode(アマコード)

⇒ Amacode(アマコード)はこちらから

 

 

機能は以下のようになっています。

 

◆高性能商品バーコード読み取り検索
内蔵カメラバーコードリーダー搭載
MS910・KDC200等Bluetoothバーコードリーダー等による連続読み取りに対応

◆BOOKOFF・TSUTAYA・GEOのインストアコードに標準対応
インストアコードの読み取りも追加料金不要です。

◆商品キーワード検索機能
もちろんバーコードからだけでなく、商品のキーワードでも検索できます。

◆豊富な商品検索機能
・カート価格、最安価格、ランキング、商品カテゴリを表示
・損益分岐点を自動計算
・比較対象を新品最安値、カート価格、中古最安値から選択可能
・Amazonランキングの波形を商品一覧に表示で、仕入れスピードが加速
・仕入れ時の詳細な利益をシュミレーション可能
・Amazon、モノレート、プライスチェック、価格.com、オークファンへのリンクを標準装備
・1つのJANコードに対して、複数登録されている商品を一括表示
・Amazonの有無をチェック可能
・大型商品、在庫切れ商品、プレミア商品をお知らせ

◆お宝商品を見逃さない!お宝アラート機能
ランキング、粗利益額、在庫状況、定価越え、出品数、レビューなど複数の条件を組み合わせ、
あなたのオリジナルのお宝フィルターを作成することが出来ます。
背景色やバイブレーションでお宝商品を見逃すことはありません。
仕入れ値を固定して、検索すれば、仕入れられる商品だけをお知らせすることが出来ます。

◆商品手数料自動計算機能
Amazon手数料・FBA料金・仕入れ値・発送料など、様々な手数料を自動計算します。
損益分岐点が常に表示されているので、仕入れ値を引けば簡単に利益計算ができます。

◆仕入れリスト管理機能
仕入れ商品をリスト化し、CSV形式で送信できます。

◆難しいMWSAPIの設定が不要

◆ユーザーが検索した商品リストを自動キャッシュし高速表示

 

Amacodeの大きな特徴は無料なのにも関わらず、

お店のインストアコードが読めるところにあります。

 

「インストアコード」とはお店独自のバーコードのことで、

ブックオフやTSUTAYAなどが採用しています。

 

通常のバーコードリーダーとアプリでは

読み取ることができないのですが、

Amacode(アマコード)はそれを読み取ることができます。

 

他のアプリでも有料のものなら読み取れるものもありますが、

無料でインストアコードが読めるアプリはまずないので、

そういう意味では有料級の機能が備わっているといえます。

 

まとめ:結局どのアプリを入れておけばいいの?

結論からいうと、全部導入してください。

 

というのも、今後もバージョンアップされる可能性がありますし、

新しい機能の追加や、使い勝手が良くなる可能性もあります。

 

そう考えると、一つのアプリに固執するよりかは、

現状で一番使いやすいアプリをその都度使っていくのが

良いのではないでしょうか。

 

 

また、あなたがスマホの機種を変えたときや、

アプリのバージョンアップ、iOSのメジャーバージョンアップが

行なわれた時に、一時的にアプリに不具合がでる可能性もあります。

 

そういった時に複数のアプリがあれば、

とりあえず緊急避難的につかうことはできますよね。

 

なので、どれを使うか迷うぐらいなら、

とりあえず全部導入しておくことをオススメしますよ。

 

ではでは。