ダンボール(段ボール)を無料or格安で調達!

こんにちは、後田です。

 

せどりをする上で意外と馬鹿にならない経費として、

【ダンボール費用】がありますよね。

 

買えば結構な値段もするし、引越し時以外で使う機会も少ないでしょうから、

自宅にダンボールを常備している人もそれほど多くないのではと思います。

 

 

AmazonFBAに納品する用や、ヤフオク・メルカリで売れた商品の梱包用など、

せどりをする上でダンボールが必要になる機会はかなり多いです。

 

 

それを毎回必要になるたびに買っていたのでは

買う手間もかかるし、費用も馬鹿にならないわで、

せっかくせどり利益を出しても、ダンボール費で利益が削られるのでは面白くないはずです。

 

 

なので、今回の記事では、せどりで必要な

 

【各種ダンボールの調達方法】

 

について、色んな集め方を紹介していきます。

 

 

この記事を読めば、ダンボールの調達に困る事はなくなりますよ!

 

せどり用(FBA納品用)のダンボール(段ボール)を入手する方法

まず第一に、せどり(FBA納品用)で必要なダンボールの入手方法には以下の3種類があります。

 

買う

一番オーソドックスな入手方法ですね。

 

ホームセンターやディスカウントショップ(ドンキホーテなど)、

100円ショップ、ネット通販など、色んな場所で買う事ができます。

 

 

主に『実店舗で買うか?』、『ネット通販で買うか?』の選択になると思いますが、

ネット通販なら家まで届けてくれるので、自宅まで運ぶ必要がないのが大きなメリットです。

 

 

また、同じサイズのダンボールでも、厚さや形に色んな種類があるため、

自分が必要としているサイズ、形を選べるネット通販の方がやや有利でしょうか。

 

 

反対にネット通販のデメリットとしては、

大きいサイズになると送料の負担も大きくなる事です。

 

 

『○○円以上購入』『数十枚まとめて購入』すると送料無料の所もありますが、

小ロットで買うと送料分で逆に高くなってしまう場合があるので、

ネット通販で買う場合は注意しましょう。

 

 

 

自家用車がある人は、ホームセンターで購入するのも視野に入れてもいいと思います。

 

運ぶ手間はかかりますが、サイズは60~160サイズまで選べますし、

必要数だけ買う事もでき、すぐに必要な場合にも調達できます。

(ネット通販だと購入から届くまでにタイムラグがある)

 

 

どちらを選ぶかは、ダンボールの使用量や自家用車の有無。

自宅の近くにホームセンターがあるかないかで判断すると良いでしょう。

 

 

私はダンボールの購入に関しては、すべてネット通販でまとめて購入しています。

 

比較的に手に入りにくい120~160サイズのダンボールを

20~30枚ほどまとめて買う感じですね。

 

ちなみに私はこちらのサイトを使っています。

↓↓

ダンボールA

https://www.bestcarton.com/

 

 

他にも「ダンボール 通販」と検索すれば、ダンボール通販サイトはいくつかありますので、

自分に合ったサイトを選ぶと良いでしょう。

 

貰う

ダンボールにお金をかけたくない、という人は『貰う』という選択肢を取りましょう。

 

これは単に、知人・友人・隣に住んでいる人なども指しますが、

一番確実に手に入れる方法としては

 

『スーパー』

『ディスカウントショップ』

『ドラッグストア』

などから、無料で手に入れることです。

 

 

お店にもよりますが、レジの横あたりに空のダンボールが積まれてあって、

【ご自由にお使いください】と書かれている事があります。

 

 

 

 

そのダンボールは特に許可なく無料で貰えますので、

適当にいくつか貰って帰りましょう。

 

 

レジ横付近に無い場合は、店員に言えばダンボールをくれる場合があります。

 

 

無料で手に入るので非常に重宝するのですが、デメリットとしては、

  • サイズ、形が選べない
  • 120サイズ以上の大きめのダンボールが手に入りにくい
  • 食品が入っていたダンボールだと匂いが気になる

という事が挙げられます。

 

この中でも特にダンボールのサイズが選べないのは痛いです。

 

 

FBA納品用のダンボールはなるべく大きなサイズにして、

そこに数をたくさん詰めたほうが送料コストが抑えられるのですが、

 

スーパーやドラッグストアでは大きいサイズのダンボールは手に入りにくいため、

納品コスト(送料)が若干上がってしまう可能性があります。

 

 

ただ、今はFBA納品キャンペーン中で、2017年12月まではFBA送料が無料になるので、

FBA送料に関してはそこまで気にする必要はないかも知れません。

 

 

普通にダンボールを買えば、1枚100~300円以上はするので、

「ネット通販で大量に買いたくない(買う必要がない)」

「小ロットだと費用がかかるし・・・」

という人は、近場のお店でダンボールが手に入らないか探してみましょう。

 

 

もし何のために必要か聞かれたら、「引っ越し用です。」とでも言えばいいでしょう。

 

再利用する

これは意外と気付かない人が多いのですが、

例えば、あなたが電脳せどりをしていてネット上から仕入れをするのなら、

その商品は高確率でダンボールに包まれて送られてくるはずです。

 

簡単に言えば、それを再利用してしまえばいいのです。

 

送り状の部分だけ剥がしてしまえば、再利用は可能です。

 

 

仕入れ用でなくても、Amazonや楽天、ヨドバシドットコムなどで買い物をした時も

ダンボールを手に入れることができます。

(購入した商品は封筒で送られてくる場合もあるので、必ずダンボールが手に入るわけではない)

 

 

再利用のメリットは、貰うのと同じく費用がかからない事。

また、ネット通販で買うのと同じく、自宅に届くので買いに行く必要が無い事。

 

 

デメリットとしては、基本的に大きいサイズのダンボールは望みにくいです。

 

 

大きいサイズの商品を買う、もしくは一度に大量に仕入れるなどをすれば、

ダンボールも大きいサイズのものを手に入れられますが、

そうでない場合は、主に小さいサイズのダンボールばかりが溜まっていく事になります。

 

 

ヤフオクやメルカリ用になら小さいダンボールは役立つ事もありますが、

FBA用となると、小さいダンボールはやや使いにくいです。

 

 

スーパーやドラッグストアなどから『貰う』のに比べると、

 

『貰う』 ⇒ 比較的中サイズ(80~100サイズ)のダンボールが手に入りやすい

『再利用する』 ⇒ 比較的小サイズ(60~80サイズ)のダンボールが手に入りやすい

 

というのが違いとしてあります。

 

FBA納品用ダンボール(段ボール)は貰うより買った方が良い

上でもチラッとお話しましたが、FBA納品用にダンボールを使うのなら、

サイズがバラバラになりがちで、大き目のサイズが手に入りにくい『貰う』よりも、

ネット通販などでまとめて購入してしまったほうが良いです。

 

 

FBA納品時にはFBA倉庫までの送料がかかりますが、

ここで問題になってくるのが、【FBA納品時の1商品あたりの納品コスト】です。

 

 

例えば、ダンボールに商品を50個詰めて、送料が1,000円だった場合、

納品コスト(その商品をFBAに送るまでの送料)は1商品あたり20円になります。

 

 

この納品コストは、大きいサイズのダンボールに

たくさんの商品数を入れることで抑える事ができます。

 

 

 

例えば、商品数が100個で、それを50個ずつ2つの同じサイズダンボールに詰めて、

送料1,000円で送ったとしたら、×2で送料は2,000円。

納品コストは20円ですよね。

 

 

これを大きなサイズのダンボールに100個まとめて詰めて、その送料が1,600円だとしたら、

納品コストは16円。送料も400円得する計算になります。

 

 

しかも、上の例に比べて、ダンボールも2箱⇒1箱しか使っていないので、

ダンボール費用も多少抑えられます。

 

あとは、2箱よりも1箱の方が梱包の手間も少なくなるでしょうし、

納品作業も1箱の方が楽です。

 

 

こういったコスト面、作業効率面での事情があるからこそ、

FBA納品用ダンボールに関しては貰うよりも、買うほうが良いというのが、

せどりをしている人の中での認識としてあります。

 

 

これは特に、せどりの規模が大きくなってきたり、

家電などのサイズの大きい商品を多く扱うようになって、FBA納品数が増えてくると、

大きいサイズにまとめて商品を詰める事の重要性が分かってくると思います。

 

 

ただ、まだまだ規模が小さい場合は、それほど大きな影響にはなりにくいので、

そういった人はさほど気にする必要はないと思います。

 

まとめ

さて、ここまでダンボールの入手方法について解説してきましたが、

基本的には、あなたのせどりの規模や扱う商品、用途に応じて使い分けていくのが良いでしょう。

 

 

AmazonFBAの利用を主体とするなら、

できるかぎり大きめのサイズで一度にたくさん商品を詰めたほうが良いので、

ネット通販でダンボールを購入するか、スーパーやドラッグストアから

大き目のダンボールのみを手に入れる。

 

 

ヤフオクやメルカリでの販売も併用するなら、

小さ目のダンボールのストックはあったほうが良いので、

ネット仕入れやネットで買い物した際に発生したダンボールを再利用する。

 

 

ダンボールは買えばそれなりに費用がかかるので、

できれば費用を抑えたいところですが、

 

それなりのせどりの規模になってくると、貰いに行く手間や、

バラバラのサイズのダンボールがスペースを圧迫する事にもなりかねないので、

いっそのこと、まとめて買ってしまったほうが良い場合もあります。

 

 

なので、こうすれば絶対にいい!という答えはないのですが、

ここまでお伝えしてきた入手方法を使えば、ダンボールに困る事はないと思いますので、

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

ではでは。