Amazonせどり・転売で稼ぐためには、何はともあれ”商品リサーチ”が必要になってきます。

 

その際に役立つサイトとして「モノレート」というサイトが代表的ですが、モノレート以外にもAmazon商品リサーチができるサイトやツールはいくつか存在します。

 

その中の一つに「ジャングルリサーチ(ジャングルチェック)」というサイト(スマホアプリ)があるので、本記事で取り上げたいと思います。

 

ジャングルリサーチの機能から、登録方法、モノレートとの違いについても解説していますので、今まで知らなかった人や、モノレートの代用サイトを探している人の参考になれば幸いです。

 

ジャングルリサーチとは?

公式サイトより抜粋

 

Amazonせどりで一番使われているリサーチ用サイトとして、「モノレート」があります。

モノレートに比べるとサイトがシンプルにまとめられており、ジャングルリサーチでは、せどり・転売に必要な情報だけを載せています。

 

PC版とスマホアプリ版が存在し、スマホアプリ版は「ジャングルチェック」というアプリがiOSとAndroid両方にあります。

 

ジャングルリサーチのスマホアプリ(ジャングルチェック)を導入して会員登録すると、PC版、スマホ版、両方で利用できるようになります。

登録は無料で、メールアドレスがあればすぐに登録ができます。

 

どちらかというとPC版は簡易版という感じで、スマホアプリの方が機能が充実しています。

 

例えば、同じ商品を検索した場合。

 

スマホアプリ版

※下が見切れていますが、ちゃんと中古品の価格表示もあります

 

PCブラウザ版

こんな感じで、どちらも基本的な情報は載っていますが、スマホアプリ版の方が他の項目も付いています。

 

PC版、スマホ版ともに、

  • 新品の最低価格、出品者数
  • 中古品の最低価格、出品者数
  • Amazonランキング

など、最低限必要な情報は揃っており、どちらにもAmazon販売ページとモノレートのサイトに直接飛べるリンクが付いているので、より詳しい情報を知りたい場合も、ジャングルリサーチ一つですべて行うことができます。

 

ジャングルリサーチの始め方・登録方法

ジャングルリサーチを利用するためには、はじめにスマホアプリ版である「ジャングルチェック」をインストール&会員登録が必要です。

※画像はすべてiphone版のものです

 

ストアページで「ジャングルチェック」で検索し、アプリをインストールします。

 

アプリを起動して、「新規登録」をクリック。

 

メールアドレスを入力して、認証メールを送信します。

 

メールを開いて、認証コードをコピーします。

※迷惑メールフォルダに入っている可能性が高いので、メールが見当たらない場合はそちらも確認してください

 

  • 認証コード
  • 名前(ニックネーム可)
  • パスワード

を入力して、会員登録を行います。

 

会員登録が完了したら、PC版とスマホアプリ版、両方の利用ができるようになります。

 

ジャングルリサーチの基本的な使い方(PC版)

ジャングルリサーチのサイトにアクセスします

http://jungleresearch.com/

 

検索したい商品名、JANコード、ASINコード、ISBNコードを入力します。

カテゴリーでの絞り込みも可能です。

 

ここでは試しに「ファミコンミニ」で検索してみます。

検索結果が表示されました。

 

  • 新品の出品者数、最安値価格
  • 中古品の出品者数、最安値価格
  • Amazonランキング

などが表示されます。

 

また、

  • 『Amazon詳細』ボタン ⇒ Amazon販売ページへのリンク
  • 『モノレート』ボタン ⇒ モノレートへのリンク

となっているので、より細かい情報を見たい場合は、これらのリンクも活用すると良いでしょう。

 

ジャングルチェックの基本的な使い方(スマホ版)

アプリを起動してログインします。

商品を検索したい場合は「調査」をクリックします。

※一番上に公式マニュアルもあるのでそちらも参考にどうぞ

 

検索したいキーワードを入力します。

ここでも試しに「ファミコンミニ」で検索します。

 

検索結果が表示されました。

 

PC版と同じく

  • 新品の出品者数、最安値価格
  • 中古品の出品者数、最安値価格
  • Amazonランキング

などが表示されます。

 

PC版との違いは、

  • 手数料
  • キーワード検索
  • お気に入り追加

これらの機能があることです。

 

手数料

仕入れ値(税込みor税抜き)

  • 想定売値
  • 個数
  • サイズ
  • 出品タイプ
  • 発送方法

をそれぞれ入力すると、各種手数料や販売後の利益が自動で計算されます。

 

試しに、

  • 仕入れ値 3,500円(税込)
  • 想定売値 5,600円
  • 個数1個
  • サイズ = 標準
  • 出品タイプ = 大口出品
  • 発送方法 = FBA利用

で計算すると。

 

このようになりました。

 

面倒な利益計算が一瞬でできるので、特に外出先で使いやすい機能です。

 

キーワード検索

「キーワード検索」のボタンをクリックすると、

  • オークファン
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • グーグル

各サイトで商品検索ができます。

 

自動で商品名が入力されているので入力の手間が省けます。

 

お気に入り追加機能

「お気に入りに追加」ボタンをクリックすると、お気に入り一覧に追加できます。

頻繁にチェックする商品や、自宅でじっくり調べたい商品などは、お気に入りに追加しておくと良いでしょう。

 

ジャングルリサーチとモノレートの違い

 

最安値表示の違い

モノレートでは、送料込みの最安値が表示されますが、

ジャングルリサーチだと、送料抜きの最安値が表示されます。

細かい事ですが、送料込みと抜きでは、利益も変わってくるので気をつけましょう。

 

商品検索アルゴリズム

また、商品検索のアルゴリズムが、ジャングルリサーチとモノレートでは違うようです。

例えば、「ファミコンミニ」で検索した場合

 

ジャングルリサーチでは、

このように、上位3つに「ニンテンドークラシックミニ」の本体が表示されました。

 

同じく、モノレートで「ファミコンミニ」で検索すると

「ニンテンドークラシックミニ」の本体は表示されず、ファミコンミニのソフトが表示されました。

 

また、モノレートの方が検索結果数が少なくなっています。

  • ジャングルリサーチ = 817件
  • モノレート = 44件

 

このことから、ジャングルリサーチの方が、より曖昧なキーワード検索でも、目的の商品にたどり着きやすく。逆にモノレートはキーワードが正しくないと、目的の商品が表示されにくいアルゴリズムになっていると言えます。

 

その他

ジャングルリサーチの無料版には、モノレートのようなグラフ表示機能や、最安値の価格推移などがないので、基本的にはモノレートの方が機能的に優れていると言えます。

しかし、検索部分に関しての「遊び」という点では、多少曖昧でもジャングルリサーチの方が広く表示されるので、こちらの方が使いやすいと感じる人もいるかも知れません。

 

ASINやJANコードがあらかじめ分かっていれば、どちらもピンポイントで検索できるのには変わりないので、基本的には機能の優れたモノレートをメインで使っていくのが良いでしょう。

ただ、モノレートが見られない時などは、一時的にジャングルリサーチを利用するのもアリだと思います。

 

まとめ

今回は、モノレートに代わるサイトとして「ジャングルリサーチ」「ジャングルチェック」を紹介しました。

 

Amazonせどり、転売をしている人にとってモノレートは欠かす事のできないサイトです。

しかし、サイトの不調時やアクセス制限などで一時的にモノレートが見れない場合などは、ジャングルリサーチ(チェック)は代用として十分な役割を果たしてくれます。

 

また、スマホアプリ版の方が機能が優秀なので、外出時の検索はこちらをメインに使っても良いでしょう。

他にも、正確な商品名が思い出せないときなどは、曖昧なキーワードでも検索してくれるこちらの方が使い勝手が良い場合もあります。

 

無料で使える中では便利なサイト、アプリなので、ぜひ試してみてください。

 

ではまた。