AmazonFBAを利用するために必要となる『FBAラベルシール』ですが、いくつか種類があってそれぞれ価格や品質が違うので、どれが一番良いのか分からないと思います。

できることなら、品質が良くてコストも抑えることができるラベルシールを購入したいところです。

 

そのため、本記事では『FBAラベルシール』について、

  • どういった種類のラベルシールがあるのか?
  • どこで入手するのがベストか?
  • ラベルシールを買うときのポイント
  • おすすめのFBAラベルシール

などを解説していきますので、参考にして頂ければと思います。

 

【ここが重要!】おすすめのFBAラベルシール一覧

早速ですが、最初に結論として、私が実際に使ってみた中でおすすめのラベルシールを紹介したいと思います。

あなたの利用頻度に合わせて選んでみてください。

 

1枚(1面)あたりのコストを重視するなら

created by Rinker
¥3,700 (2018/12/10 15:04:54時点 楽天市場調べ-詳細)

 

コスト的に一番お得なのはこちらです。

 

実売価格は約3,700円(調査当時)となっており、

1枚あたり約7.4円

1面あたり約0.3円

と破格の値段になっています。

 

しかも送料無料!

 

とにかく商品を出品しまくる人はこちらを買うのがオススメです。

 

品質とコストのバランスを重視するなら

 

コストも抑えたいけど、品質も重視したい!というのであれば、Amazonが出品者向けに出しているこちらがオススメです。

24面のもの以外にも40面、65面のものもあるので、利用個数に応じてどれを買うか決めると良いでしょう。

 

ちなみに24面のもので約2,500円(調査当時)なので、

1枚あたり約25円

1面あたり約1.0円

となっています。

 

面数が多いものだと、もう少し1面あたりの費用は安くなります。

 

少しだけしか利用しないのなら

 

少量しか利用しない場合は、まずは安価で買えるものが良いでしょう。

 

上の2つはどちらも1,000円以下(調査当時)で安く買えるので、無駄な支払いが発生しなくて済みます。

 

どちらも1枚あたり約9~10円

1面あたり約0.38~0.42円

と、コスト重視のものに比べてもさほど遜色ありません。

 

もし、この枚数で足りなくなったら、もっと枚数・面数の多いラベルシールも検討してみると良いでしょう。

 

AmazonFBAラベルシールの入手先

入手先はいくつかありますが、特に理由がない限りはAmazon、楽天、Yahooショッピングなどの各通販サイトから買うのがおすすめです。

 

どのサイトでも、「FBA ラベル シール」と検索すれば、FBA用のラベルシールが検索に引っ掛かります。

 

Amazonで検索

 

楽天で検索

 

Yahooショッピングで検索

 

実店舗にも売っていますが、そもそも大き目の文房具店や家電量販店、ホームセンターでないと売っていないかも知れません。

また、実店舗の方が通販よりも値段が高い場合がほとんどなので、お店で買うメリットはほとんどありません

 

お店のポイントが貯まっているので消費したいとか、今日どうしてもラベルシールが必要なので通販よりも実店舗で買うとか。

他の商品のついでに、という理由以外では通販で買ったほうがお得です。

 

FBAラベルシールを買うときのポイント

FBAラベルシールを買うときのポイントですが、以下のことを抑えておけば良いでしょう。

 

商品レビューの総数が多い商品、レビューが良い(★の数が多い)商品を選ぶ

 

Amazon、楽天、Yahooショッピング、いずれかで買う場合でも、基本的にはレビューの総数が多い商品レビューが良い(★の数が多い)商品を選ぶとハズレが少ないです。

 

後述しますが、商品レビュー(カスタマーレビュー)では実際にその商品を使った人の感想や使用感を知ることができます。

そのため、レビューの総数が多いということは、=たくさんの人がその商品を使っていると、読み取ることができます。

 

また、基本的に「使ってみてよかった」という商品であれば、★4つや★5つを付けるはずなので、レビューが良い(★の数が多い)商品ほど、良い商品である=品質、コスト的に満足している商品でと言えます。

なので、まず最初のポイントとしては、レビュー総数の多い商品、レビューが良い(★の数が多い)商品を選ぶようにすれば、ハズレを引くことはあまりありません。

 

また、Yahooショッピング限定ですが、「売れている順」に並べ替えて、上位の商品を買うという方法もあります。

 

 

こちらもレビューと同じく、「売れている商品=たくさんの人が使っている=品質、コスト的に満足している」という図式が成り立ちます。

特にFBAラベルシールは消耗品かつ繰り返し仕入れることが多いので、売れ筋上位にきている商品ほど、リピーターが多いとも言えます。

 

『はがれ”やすい”タイプ』か『はがれ”にくい”タイプ』か

FBAラベルシールには大きく分けて、

  • はがれ”やすい”タイプ
  • はがれ”にくい”タイプ

の2つに分けられます。

 

 

見分け方としては、商品名に

  • きれいにはがせるタイプ
  • 貼ってはがせる

という表記があれば、はがしやすいタイプを考えてOKです。

 

ただし、表記がないからといって、はがれにくいタイプというわけではないので、必ず商品ページで確認するようにしましょう。

あとは、レビューも参考にすると、どれぐらいはがれやすいのか、逆にはがれにくいのかも分かるので、参考にしてみると良いです。

 

『24面のシール』か『40面のシール』か

これまでのFBA配送ラベルシールは基本的に『24面』のみでしたが、最近は『40面』というのも増えてきています。

しかも、ついには『65面』というのもあったりします。

 

面数が多くなるとコスト的にどうなのか?についてですが、

 

Amazonの同一ページで比較する限りは、価格に違いはほとんどなく、コスト的な面で見ると、面数が多いほうがお得になっています。

これは他の商品でも同じで、24面でも40面でもそこまで大きく価格が変わるわけではありません。

 

そのため、1枚あたりのコストにさほど違いがないなら、面数の多い『40面』や『65面』を買うのがおすすめです。

 

少数しか使わないなら『24面』で十分?

ただし、これはあくまでガッツリAmazonせどり・転売をする人用なので、普段、少数利用しかしない場合は、無理に40面、65面を買う必要はありません。

なぜなら、少数利用しかしないのに40面や65面を使ってしまうと、高確率で余りが出てしまうからです。

 

こんな感じですね。

 

この余りを上手く使い切るのが難しくて、人によっては完全に諦めて捨てている人もいるそうです。

 

少ない商品でしかFBAを利用しない人が面数が多いラベルシールを使うと、このような事態がたびたび起こります。

この部分を捨ててしまうのでは、何のために面数の多いラベルシールを使っているのか分かりません。

それならば、最初からコスト面の負担増は諦めて、素直に24面を買ったほうが良いでしょう。

 

普段、たくさんラベルシールを利用する人なら面数の違いでコストも変わってきますが、少数利用の人はそこまで大きくコストが変わるわけではありません。

なので、単純に面数が多ければ良い、というわけではなく、あなたがどれぐらいのFBA利用を見込んでいるのかによっても、買うラベルシールを変えるようにしたほうがよいです。

 

『価格重視』か『品質重視』か

FBAラベルシールを選ぶときに最初に気になるのは『価格』の部分だと思いますが、『品質』も気になるところです。

どんなに激安で売られていても、品質が悪くて使い物にならないような商品だとお金の無駄になってしまいます。

 

そのため、価格ももちろん重要ですが、品質についてもなるべく良いものを選ぶようにしましょう。

 

ですが、買う前に品質の良し悪しは分かりません。

ラベルシールはプリンターとの相性も多少あるので、実際に使ってみないと使い勝手は分からないと思います。

 

なので、できれば色々と試して、自分が一番使いやすいラベルシールを見つけていただくのが一番なのですが、そんな余裕はない!というのであれば、品質や使い勝手に関しても商品レビューを参考にすると良いでしょう。

 

やはり、実際に使ったことがある人の意見や感想はそれなりに参考になります。

自分に合うラベルシールを見つけられるかどうかは分かりませんが、少なくともハズレを引く可能性はグッと低くなります。

 

商品レビュー(カスタマーレビュー)も参考にしよう!

あなたがどういった商品を販売するのかによっても、最適なラベルシールは変わってきます。

そのため、初めてラベルシールを購入する場合は、『商品レビュー(カスタマーレビュー)』も参考にしましょう。

↓↓

 

★の数や、割合を見るのも重要ですが、特に重要なのはレビュー内容です。

そして、そのレビュー内容の中でも特に矢印の『Amazonで購入』の部分が非常に重要な意味を持っています。

 

この表示は商品の購入後にレビューしないと付かないので、実際に商品を購入して使ってみた人がレビューしたと推測できます。

Amazonでは一部のカテゴリーの商品を除いて、商品を買わなくてもレビューができてしまう仕様になっています。

 

世の中にはその仕様を悪用して、商品を購入せずにレビューで悪評をばら撒く人間もいます。

そのため、商品を買わずにレビューした人の内容はあまり参考にならないことがあります。

 

なので、実際にAmazonで購入したことを示す『Amazonで購入』の表記は信頼のおけるレビューかどうかを判断する上でかなり重要になってきます。

 

もちろん、Amazonでは買わず、他のサイトで購入してAmazonでレビューをした、というケースもありますが、それはこちらで判別することはできません。

そのため、基本的にはAmazonで購入した人のレビューのみを参考にするのが良いでしょう。

 

実際に使ってみての感想・レビューなので、信頼性の高いレビューであると考えられます。

 

ちなみに、楽天やYahooショッピングの場合は購入者しかレビューすることができない仕様なので、その部分に関しては特に心配する必要はありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はAmazonFBA利用には欠かせない『FBAラベルシール』について、どんな商品を買うべきかを、色んな視点から記事にしてみました。

 

おそらく多くの人が気になるのは『価格』の部分だと思いますが、何でも激安なら良いわけではありません。

せっかく買ったラベルシールを無駄になってしまわないためにも、品質についてもある程度のものは欲しいところです。

 

また、普段そこまでラベルシールを使わない人なら、1枚あたりのコストがどうとかではなく、なるべく価格の安いものを買いたいと思うはずです。

そのために、いくつかおすすめ商品もお伝えしましたので、是非参考にして頂ければと思います。